出産祝いの金額の相場や人気のプレゼントについて

生活

赤ちゃんが生まれると出産祝いをもって、赤ちゃんのお顔を見に行きますよね。
出産祝いの表の書き方は「御祝」「御出産祝」「御出産御祝」などがあります。
出産は何度あっても嬉しい慶事なので、水引きは蝶結びのものを使います。

出産祝いの相場について

出産祝いはできれば生後30日頃までに贈りするのが望ましいでしょう。
相場の金額は、その人との関係にもよりますが。友人なら5000円から10000円。
仕事上の上司からなら10000円。親族からなら30000円から50000円が相場となっています。
勿論、お金だけでなくプレゼントとして物を贈る場合もあります。

女性のお友達の場合、みんなでお金を出し合ってプレゼントを贈るパターンも大いにあると思いますし、
会社の社員から連名で物を贈る場合もあります。
ですが、一つ注意すべき点があります。

プレゼントをリボンでラッピングするのは可愛くなり大丈夫なのですが、
そこにのしを付けてしまったらリボンはマナー上よろしくない事となりますので、ご注意ください。

いくら親しいお友達であっても、
マナーはきちんと理解して配慮すべき事が大人としてもお付き合いだと思います。
またのしには、水引きの下段に送り主の名前をフルネームを書きます。
その時も水引の邪魔にならないように、バランスよく書く事が良いとされています。

出産祝いに人気のプレゼント

出産祝いでプレゼントを贈るなら喜んでもらえるものがいいですよね。
どんなプレゼントが人気があるかというと、やはりベビー服やよだれかけ、
赤ちゃん用のスキンケア商品、おむつケーキなどが出産祝いの定番プレゼントです。

どれも実用的なものが多いですが、出産祝いにプレゼント贈る時に気を付けたいのは
すでに出産前に準備しているものも多いのでその点を配慮するといいでしょう。

例えばベビー服でも生後間もなくではなく生後半年から1歳半ぐらいまでは
着ることができる80cmサイズのベビー服にするなど。

必ずなくてはいけないもので、一つあれば十分というものは大体出産前に
あらかじめ用意をしていることが多いですね。

出産祝いとなると赤ちゃんにという方が多いですが、意表をついてお母さん用の
プレゼントを渡すというのもいいかもしれません。
例えば出産後のスキンケアに使えるアイテムやノンカフェインの飲み物などです。

プレゼントに迷うようであればカタログギフトを贈るのもいいですね。
お金だけじゃ味気ないかなと思うけど、実際にプレゼントに何を贈ればいいのか
わからないという場合はカタログギフトで選んでもらうのもありだと思います。

タイトルとURLをコピーしました