スギ薬局の店舗情報やお得なポイント制度について

ショッピング

スギ薬局は愛知県で1976年に創業した薬局ですが、
現在では関東・中部・関西で合計1000店舗以上を展開しています。
そんなスギ薬局の店舗情報やお得なポイント制度について紹介しています。

スギ薬局の店舗情報

スギ薬局には、他にもスギドラッグ・ドラッグスギ・エスプラス・ジャパンという店舗があります。
エスプラスは女性向けにブランドのコスメや口コミで話題の美容品など女性向けの
アイテムの品揃えが充実している店舗で、ジャパンは従来のドラッグストアと
ディスカウントストアが合体した店舗で品揃えと低価格を実現している店舗です。

そんなスギ薬局の店舗一覧は公式ホームページの「お店をさがす・使う」から検索できます。

店舗をさがす|スギ薬局グループ お客様サイト
スギ薬局、スギドラッグ、ドラッグスギ、エスプラス、ジャパンの店舗を都道府県、市区町村、サービス、キーワード、地図から検索できます。

地域別な新店舗のオープン情報などもこちらから確認可能です。
店舗情報のページでは営業時間などの基本情報はもちろん、取扱商品や駐車場の台数、
その店舗の特売チラシがある場合はチラシの確認もすることができます。

ちなみに店舗情報のページで自分のよく行くスギ薬局の店舗を「MY店舗に登録する」と
スギ薬局のトップページから一発でその店舗のチラシを見ることができるようになります。

スギ薬局は以前通販も展開していましたが、2015年2月に休止してしまいました。
再開の予定はあるみたいですが、再開の目途はまだ立っていないそうです。

これにより、以前はスギ薬局のネットショップでポイントを確認できたのですが、
現在は店舗で買い物をした際のレシートか、お客様サポート室に電話するしか、
ポイントを確認する方法はありません。

スギ薬局のポイント交換方法とおすすめ商品

スギ薬局では、ポイントカード会員になると、
100円の買い物に付き1ポイントのポイントがたまります。
ポイントカード会員になるのに入会金は無料で、年会費もありません。

ポイントの有効期間は10年で、ポイント交換をせずに、10年を経過すると、
1年単位で順次ポイントは消去されます。

また、土日はポイントが2倍になり、クレジットカード機能がついたポイントカードである
スギグループカードをもっていれば、買い物時のポイントが+1倍になります。
不定期ですが、ポイント5倍DAYも開催されることがあります。

そして、たまったポイントはいつでも景品やサービスに交換できます。
スギ薬局で使える商品券ではなく、景品やサービスを交換できるので選ぶのが楽しみです。

なお、ANAのマイレージと交換することもできます。
その他、交換できる景品やサービスはは、スギ薬局の店舗に置いてある景品カタログか
スギ薬局のサイトにあるデジタル景品カタログで見ることができます。

景品を選ぶポイントやおすすめは、日常的に使う物や消耗品や自分では
買わないけれどあってもいいなと思えるような商品や食事です。

カタログにある電気製品などは、ポイントを見ると定価で計算されています。
ですから、家電量販店やネット通販で購入した方が安いです。

その点を考えると、ラップやランチペア券など、どうしても必要となる消耗品や定価とあまり関係なく、
ポイントがたまったから素敵なランチを食べようといったポイントの使い方が満足度が高いのです。

スギ薬局の公式アプリ「スギとも」

スギ薬局グループには公式のスマホアプリがあります。
その名も「スギとも

このスギともアプリをインストールしておくと、アプリ限定のクーポンや
セール開始前のお知らせ、ポイント倍デーのお知らせやチラシなどが届きます。

不定期で開催されるポイント5倍デーや商品限定の10倍デー、大創業祭のお知らせなど
スギ薬局でお得にお買い物をしたい方にとっては必須のアプリとなっています。
アプリの他にもスギ薬局はLINE公式アカウントもあってこちらも友達追加をすることで
店頭で使えるクーポンやキャンペーン情報が配信されています。

スギ薬局 | LINE Official Account
タイトルとURLをコピーしました