ご祝儀袋の書き方やマナーについて

生活

結婚のお祝いは品物を贈るのが正式です。
しかし同じものが重なってしまったり、趣味が合わないものを送ってしまうより
本当にほしいものを自由に選んで買ってもらえる、現金を贈るほうが合理的です。

ご祝儀袋の書き方とお札の入れ方について

というわけで最近では品物よりも、お金を贈る人が増えてきています。
合理的になってきている半面で、しきたりも無視はできません。
きまりごとにしたがってお祝いの気持ちを上手に表現することが大切です。
ご祝儀袋の表書きの書き方は、「ご結婚お祝い」とか「寿」と書きます。

お祭りのご祝儀の場合は神社には「奉納」詰め所は「金一封」や「御祝儀」、
神輿に贈る際には「花代」や「御祝儀」と書くことが多いです。

送り主の名前は水引きの下中央に、濃い墨で楷書で書きます。
グループでお祝いをする場合には名称に有志、あるいは一同をつけ名称がなければ代表者の氏名を書き、
左わきに外何名と書きます。連名で送る場合は右から地位が上の人や目上の人、
先輩の順に名前を書いていきます。

宛名を書く場合は、水引きの上段の左側に宛名を書きます。
下段の名前は左が最上位になります。
宛名なしの場合と順番が逆になりますので、注意をしてください。
次にお札の入れ方ですが、昔から偶数は凶とされて縁起が悪いので
慶事には用いませんでしたが最近では、2はペアを意味して8は末広がりと
考えられ許されるようになりました。

お札は銀行で新札に変えておき、祝儀袋に入れるときは
人物画が描かれている表を上にして中袋に包みましょう。

ご祝儀袋の金額の書き方について

用意したお札はご祝儀袋の中袋に包みます。
そして、中袋には都生んだ金額と自分の名前・住所を書きます。

基本的にはご祝儀袋の記入欄に沿って書けば問題ありませんが、もし記入欄がない場合は
中袋の表に包んだ金額を、裏に名前や住所を書くようにしましょう。

中袋の金額の書き方は筆ペンなどを使って中央に濃くしっかりと書きましょう。
その際に、金額は漢数字を用います。

金○萬円(圓)」のような形です。
金額の漢数字に関しては下記を参考にしてください。

1⇒壱
2⇒弐
3⇒参
5⇒伍
7⇒七
8⇒八
10⇒拾

4万円・6万円・9万円といった金額は4・9は死や苦に繋がる、
6万円は割れる、分かれるに繋がるので避けられる傾向にあります。
十万円をご祝儀として包んだ場合の書き方は、

「金 拾萬円」もしくは「金 拾万円」で良いでしょう。
10万円を超えるご祝儀には金額の後に「」と付けるのがマナーという方もいます。

[admanager id=4]

ご祝儀袋の選び方と水引きについて

ご祝儀袋を選ぶ際は包む金額相応のご祝儀袋を選びましょう。
見た目はいいものにしたいと立派なご祝儀袋を選ぶ人もいるかもしれませんが、
包んだ金額と不釣り合いのご祝儀袋を使うのはマナー違反とされています。

目安は大体包んだ金額の100分の1と言われています。
また、ご祝儀袋の水引きですが、結び切りの水引きを選びましょう。
これは一度結んだら解けないという意味があります。

蝶結びの水切りは出産など何度あっても良いお祝いの際に用います。
例えば出産祝いなどのご祝儀袋であれば蝶結びでも問題ありません。

タイトルとURLをコピーしました