青春18きっぷの販売期間や使い方、使える期間などをまとめてみました

交通

青春18きっぷはその名前とは裏腹に、年齢に関わらずに誰でも利用することができる、
日本全国のJR列車やフェリーなどに自由に乗り降りすることができるきっぷになります。

青春18きっぷの販売期間と利用期間について

青春18きっぷは1年で春季・夏季・冬季と年間で3回発売されています。
青春18きっぷの発売期間と利用期間についてはJRのホームページに記載されています。
2017年は下記のようなスケジュールになっています。

 

(春季用)発売期間:平成29年2月20日(月)~平成29年3月31日(金)
利用期間:平成29年3月1日(水)~平成29年4月10日(月)
(夏季用)発売期間:平成29年7月1日(土)~平成29年8月31日(木)
利用期間:平成29年7月20日(木)~平成29年9月10日(日)
(冬季用)発売期間:平成29年12月1日(金)~平成29年12月31日(日)
利用期間:平成29年12月10日(日)~平成30年1月10日(水)

【値段】
11850円(大人も子供も同じ値段)

JR青春18きっぷ

青春18きっぷはみどりの窓口で購入することができますが、みどりの窓口が
混雑している場合は一部の指定席券売機でも購入することが可能になっているので
混雑を避けたい方は指定席券売機で購入するのがオススメです。
JR西日本の場合は「みどりの券売機」となります。

それぞれの設置駅はJR東日本・西日本のホームページから調べることが可能。

青春18きっぷの使い方について

青春18きっぷの使い方ですが、基本的に普通列車や快速列車が1日乗り放題になるので、
特急や新幹線には青春18きっぷを使って乗車することはできません。

青春18きっぷは5日分ですが、それを1人で使っても、5人で使っても大丈夫です。
改札で駅員さんに青春18きっぷを見せると日付入りのスタンプが押されて入場できます。

5人で使う場合は1日で青春18きっぷを使い切ることができます。
その場合、青春18きっぷの1日分の料金である2370円を超える往復料金の移動に
青春18きっぷを利用すると運賃がかかればかかるほどお得になります。

青春18きっぷを2人、5人など複数人で使用する場合の注意点は同時使用という点です。
なので途中合流などができず、同じ出発点からスタートするか、合流する場合は一度
改札の外に出て再び入場する必要があります。

その他、オススメの使い方などはWEB検索をすると色々なモデルケースを掲載している
サイトがあるのでそれを参考にしてみるといいでしょう。

[admanager id=4]

青春18きっぷは金券ショップで購入できる?

また、青春18きっぷは金券ショップでも取扱いがある場合もあります。
その際の値段は利用期間までの残り日数と、何回分の切符が残っているかで価格が変わります。

一般的には、利用期間までの日数が多ければ高く、少なければ安くなります。
利用期間の最初の数日間はやはり割高で販売している金券ショップが多いようです。

青春18きっぷは金券ショップで購入できます。同時に買い取ってもくれます。
大切なことは青春18きっぷは販売期間と利用期間があるということです。
もう一つ、1枚で5回(5人分)使えますが、切り離して使うことができません。
一人で5回分またはグループで5人まで利用できる青春18きっぷは11,850円で販売されています。
単純に1日2,370円で乗り放題になる切符です。

金券ショップは使用残のある青春18きっぷを販売しています。
ただし、使いあまったものを誰かが売りに来た場合に買い取って販売しているので
いつでも必要な枚数買えるとは限らないのも気を付けるところです。
また使用期限が始まったばかりのものはなかなか出回っていません。
試用期間が半分過ぎてしまったくらいのものは金券ショップに販売している可能性が高いです。
おそらく価格は2,500円から3,500円が相場になります。

また、使用期限が始まったばかりの青春18きっぷは使ったあと早々に金券ショップに売ったほうが賢明です。
青春18きっぷは割安になり大変好都合な切符ですが、使い方によっては割高になる場合もあるので
旅行の際の使用価格、そのほかの乗り物の価格と合わせて検討するように。
青春18きっぷは金券ショップで購入できるとともに最近ではヤフオクなどのオークションやメルカリなどの
フリマアプリといったインターネットでも購入可能になっています。

タイトルとURLをコピーしました