収入印紙の金額一覧や税額一覧表について

生活

収入印紙というのはわかりやすく簡単にいうと印紙税という国の税金です。
お金に関する契約や取引きがあった際に作成する書類に信用を与えるために、
国の法律が信用を支えるので、信用保証料という形で収入印紙を貼って税金を納めましょう。
ということです。

つまり、収入印紙が貼られていない書類は信用がない=使えません
収入印紙は書類を作成したほうが払うという義務があります。

収入印紙の税額の一覧表が見たい

どのような取引きの際にいくらの収入印紙が必要になるのか?
印紙税額の一覧表は国税庁のホームページで公開されています。

最新の情報を確認しておきましょう。

平成29年5月1日以降適用分の収入税額一覧表

2014年の4月から領収書に貼る収入印紙が5万円未満までは不要となるなど、
ルール変更もありますので最新の情報をチェックしておくようにしましょう。

[admanager id=4]

インターネットで収入印紙の税額一覧表を掲載しているサイトはたくさんありますが、
中には更新されておらず、過去の情報が掲載されているということも多いので
確実に調べるならやはり国税庁のPDFを確認するべきでしょう。

請負契約や注文請書、覚書など契約の種類によって収入印紙の税額は異なりますからね。

収入印紙の金額の一覧

収入印紙の金額は現在のところ31種類あると言われています。
下記がその種類になります。

ちなみに1円の収入印紙は存在はしているものの入手困難なようです。
郵便局で聞いても本局でないと扱いがないこともあるんだとか・・・。
督促状などを収入印紙で支払う際に82円などの金額になることがあるそうです。

収入印紙はどこで購入すればいいの?

収入印紙はどこで購入すればいいのでしょうか?
収入印紙はコンビニ、もしくは郵便局で購入することが可能です。

コンビニであれば領収書などによく使う200円であれば売られていることが多いです。
郵便局では1000円や2000円などあまりよく使わないマニアックな金額の収入印紙も
販売されていますが、コンビニも郵便局も収入印紙の取扱いに関してはこの金額の
ものが揃っているとは一概には言えず、その店舗によって違うことが多いです。

金券ショップや最近話題のネットオークションなどでも販売されているようですが、
簡単に、確実に購入するならコンビニか郵便局の2択でしょうね。
また先程の1円の収入印紙のように郵便局を回っても入手困難な収入印紙もあるようです。

そんな収入印紙を貼ってまで提出する書類があることに驚きですが・・・。

収入印紙の割印の押し方について

収入印紙を使った書類を作成した場合、収入印紙には割印を押さなければいけません。
私は割印のほうが馴染みがある呼び方なのですが消印とも言うそうです。

割印の押し方は、例えば領収書であれば印が領収書と収入印紙にまたがって
押されていれば大丈夫でハンコじゃなくても消えないペンでのサインでもいいようです。
領収書であれば収入印紙を貼る位置も四角い枠で書いてあるのでわかりやすいと思います。

契約書などで二人の名前の記入の必要がある場合は割印も二つ押します。
まあ割印に関して迷うことがあれば、収入印紙が再利用できないようになっていれば
大丈夫という原則を覚えておけばいいかと思います。

タイトルとURLをコピーしました